定期巡回・随時対応型訪問介護看護 Regular patrol , corresponding type visit care nursing

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

定期巡回・随時対応型訪問介護看護の概要

当社では、2011年12月より、定期巡回随時対応型訪問介護看護(24時間対応の訪問看護・訪問介護サービス)を始めました。
サービス内容は、利用者様から連絡があれば24時間いつでも訪問しケアを行うというものです。

このサービスを実施するために、当社ではボタン一つでコールセンターに連絡できる
「あんしんケータイ(ソフトバンクの端末を利用)」と、コールされた方の情報を
瞬時にパソコンで確認できるシステムを開発しました。

このシステムでコールを受けると、利用者様の状態を電話で確認し、
看護師やヘルパーの派遣が必要なのか、アドバイスのみで良いのか、病院へ急行するべきなのかを
経験豊富なオペレーターが判断し、派遣が必要な場合は利用者様のお宅へ急行します。

従来からあるサービスと大きく違うのは、看護師によるアセスメントを受けたり、
医療機関への相談ができる点です。
看護師が利用者様の身体に触れて体の異変を確認できる利点があります。

サービス開始から5ヶ月間の実績をご紹介すると、「あんしんケータイ」の利用者様は21名、
緊急コールが入った回数は530回、そのうち訪問した回数は36回でした。
コールから10~30分以内に訪問できました。夜中の訪問が中心でした。

定期巡回随時対応型訪問介護看護を利用する方法

このサービスを利用する方法は2つあります。

2012年度4月に施行された介護保険の対象である
「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」を利用する方法
要介護3でかつ特別区の場合 月額 20,043円※保険者によってサービス内容に違いあり

【含まれるもの】
定期巡回・決められた回数のケア・通報があった場合の緊急対応・看護師による定期的なアセスメント。
食事などの生活援助は保険に含まれない。
利用を希望される場合は、自費による対応は可能。

当社と「あんしんケータイ(月額1,105円)」を契約し、
介護保険の緊急時加算を利用してサービスを受ける方法
定期巡回・随時対応型訪問介護看護の資料はこちら
  • 東京版の資料ダウンロード
  • 大阪版の資料ダウンロード

グッドライフケアが24時間安定的にサービスを供給できる理由

当社が24時間安定的にサービスを提供できる理由はスタッフにあります。当社は、スタッフの8割が正社員で、ヘルパーの5割が男性です。

コールは夜中が中心であることから、 深夜でもスタッフが十分に確保できる点が好評です。
また、男性社員が活躍する機会も多くあり、夜道をお宅に駆けつける場合や、
転倒でボディメカニクスを使えない場合でもニーズにお応えできます。

ボタン一つでコールできる簡単操作

利用者様は、見守りケータイのボタンを押すだけでコールセンターに電話をかけることができます。
センターでは、着信と同時に、かけてこられた利用者様の情報がパソコンに表示され、
ご本人のお話とデータをもとに適切な対応を行なっています。
この「あんしんケータイ」の簡単さが、いざという時に役に立つ理由です。
ケータイはナースコール、道路は病院の廊下、お宅は病室。
そんな世界を実現するグッドライフケアだけの仕組みです。

  • ボタンを押すだけでコールセンターに電話発信
  • 徘徊時などの居場所の特定
    (GPS・発信場所の地図配信機能)
  • 緊急コールの録音(コールセンターの機能)
  • 計画停電中対応可能(クラウドシステムの利用で実現)

スマイルらいふ 「地域を24時間支える介護サービス」 制作・著作 文京区 

「文京区制作、文京区提供」 (文京区より使用許可取得済)



コールセンターサービス開始から5ヶ月間の成果を紹介

利用者様のニーズ

定期巡回・随時対応型訪問介護看護を利用する方は、高齢のご夫婦や、
親子とも高齢で同居されているご家族、独居の高齢者といった世帯状況の方が中心です。
万が一の場合の家族介護の負担軽減や、安心確保を目的に利用されています。

サービスの利用内訳
利用人数16人

5か月の合計 1日あたり
コール数 530回 3.53回
緊急時の訪問 36回 0.24回
救急搬送 2回 0.01回
訪問したが、無請求 8回 0.05回
看護師に相談求 2回 0.01回
看護師が訪問 0回 0回
対応実例

夫がトイレと壁の間に挟まって動けなくなった!

当社の対応 コールから約10分でヘルパーが訪問し救出
日時 2011年12月31日(大晦日)・昼間
家族構成 要介護5の夫80代、パニック症候群の妻70代の二人暮らし
ポイント コールは大晦日だったため、24時間365日営業の当社だから対応できた

ソファーからずり落ちて骨折!

当社の対応 ヘルパーが急行し、助け起こしたのち救急車を要請
日時
家族構成 要介護2の母89歳と60代の娘の二人暮らし
ポイント 体から力の抜けた母親を、60代の娘は抱き起せない。
ボディメカニクスも使えないため、力のある男性ヘルパーが対応。
ご家族は慌てていることも多く、救急車を呼べなかった。

飲み薬を目薬と間違え点眼、激痛が!

当社の対応 自力で動けることから、空いている病院を案内、 タクシーで病院に急行。
網膜剥離になっていたが、早期対応により軽傷で済んだ。
日時 22時ごろ
家族構成 要介護1の78歳独居男性
ポイント すぐに診てもらえる病院を探して案内したことで、処置が早く軽傷で済んだ。
コールセンターは柔軟な対応を行っており、ヘルパーを派遣するよりも
良い方法がある場合はそちらを案内。

週に1回程度、ベッドが汚れた・動けなくなったなどでコール!

当社の対応 便や尿がおむつから漏れる、トイレに行って動けなくなる、
車いすから落ちるなどの連絡を受けヘルパーが急行。
日時 深夜3時ごろ
家族構成 要介護5の69歳の体重のある妻と、80歳の夫の二人暮らし
ポイント 脳が委縮する病気で体が動かないため、
週に1回の頻度で夜中にコールがあり、 スピード対応している。
この様なニーズがある。
「助かった」「安心した」という声を多数いただいています!
ご利用者:N様
「夜中に便器から立ち上がれなくなり、
慌てましたが、来てもらえて助かりました!」
ご利用者:O様
「これまでは、夜中にトイレに行こうとして
転倒しても、翌朝10時のヘルパーさん訪問までその場から動けませんでした。
今は24時間訪問してもらえるおかげで
安心しています。」
ご相談・お問い合わせ
グッドライフケアのサービス
訪問介護サービス
身体介護サービス
生活支援サービス
定期巡回・随時対応型訪問介護看護
グッドライフケアの取り組み
G24システム
居宅介護支援サービス
居宅介護サービス
訪問看護サービス
訪問看護サービス
訪問リハビリサービス
通所介護サービス
リハビリディサービス神田

福祉用具 貸与・販売

グッドライフケア・ブログ GOOD LIFE CARE BLOG
GOODLIFE CARE BLOGを見る
グッドライフケアのIT活用
お客様相談窓口
  • リンク集
  • 声をかけ合おう 熱中症予防

プライバシー保護のため、SSLを用いて、皆様のコンピュータと弊社ウェブサーバー間で秘匿性の高い暗号化通信を行う仕組みを採用しています。