グッドライフケアの取り組み

研修制度

グッドライフケアでは、“サービスの質の向上”を目指し、全社員でサービス技術のスキルアップを継続しています。

研修制度内容

介護技術研修

排泄介助や更衣介助、食事介助などの、介護技術のスキルアップをはかっています。

大人数での一般的な研修にとどまらず、少人数で個別のご利用者様を想定しての研修も実施しています。

多職種連携

毎月支店研修を行い、訪問介護員、訪問看護師、リハビリ、ケアマネジャーなどすべての職種が集まり、情報の共有を行っています。

グッドライフケアのITの取り組み

グッドライフケアのIT活用

G-force (社内ポータルサイト)介護・看護・居宅・クラークでALL連携

介護士、看護師、ケアマネジャー、事務職など、すべての職種が1つの情報連携システムでつながることにより、リアルタイムでの情報共有を実現しています。

利用者に対するCAREの質向上

多職種との情報連携により、必要な時間での再訪問や、データ分析による時間変更など、ご利用者様にとってきめ細やかなサービスを実現しています。

社内会議等の効率化

離れた事業所にいる職員とも、テレビ会議等を通じてミーティングや研修を実施することができるため、業務を効率化することができ、ご利用者様へのサービス時間を充実しています。