居宅介護支援(ケアマネジャー)

居宅介護支援サービスとは

ケアマネジャーは、ご利用者本人の自立や尊厳を保持して、その人らしく暮らせるように支援いたします。
介護認定を受けた要介護者やその家族からの相談に応じたり、ご利用者の希望をヒアリングしたうえで、適切な介護保険サービスが受けられるようにケアプランを作成し、関係機関と調整を行います。

サービス内容

申請代行

介護保険サービスを受けるために必要な要介護認定の手続きには、専門的な知識が必要な上、細かな書類を作成しなければなりません。そこで、ケアマネジャーがご利用者または家族に代わり申請書類を作成し、認定調査を受ける手配をおこないます。
介護保険利用の手続きが未だの方は、申請からおまかせ下さい。

ケアプラン作成

ご利用者とその家族の要望を伺い、どのようなサービスがその一に最も必要なのかを検討してつくられ、どんな目的でいつどのサービスを利用するのかが記載されています。
このケアプランなしには、介護サービスを受けることはできません。

相談支援

ご利用者やそのご家族に対して、介護についての相談・アドバイス等を行います。

各機関との調整

介護サービスがスムーズに実施されるよう、各機関との連絡・調整を行います。